042-565-9325 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~18:00

調停離婚

  1. 稲坂将成法律事務所 >
  2. 調停離婚

調停離婚

■調停離婚とは
協議による合意が難しい場合に、家庭裁判所で調停(離婚調停)を行う方法を、調停離婚といいます。離婚調停では、家事裁判官(または家事調停官)と2人の調停委員が双方の主張を聞き、解決へと導きます。

離婚調停は、家庭裁判所に「夫婦関係等調整調停の申立書」を提出することから始まります。申立てが受理されると、申立人と相手方に調停期日が連絡されます。このとき、相手方には申立書の写しが届き、それに対応する答弁書を提出するよう連絡されます。

期日には夫婦が家庭裁判所に出頭し、調停が行われます。最初の説明を2人で受けた後は、それぞれが交互に順番に話をしていきます。この際、夫婦のもう一方は別の控室で待機します。

このような調停を何度か重ね、問題点が調整されれば、調停証書が作成され、調停が成立します。調停を行っても合意に至らなければ、調停不成立として審判か裁判に進みます。

■調停離婚が成立したら
調停が成立したら、調停証書をもう一度読み返してよく確認しましょう。証書の内容は、確定すると法的な効力をもちます。後になってトラブルにならないよう、訂正箇所が見つかった場合は家庭裁判所に連絡しましょう。

調停証書に問題がなければ、離婚届を提出します。これは、調停が成立しても、離婚届が受理されないと戸籍の処理がされないためです。なお、調停成立から10日以内という期限があるので注意が必要です。

稲坂将成法律事務所では、多摩地域を中心に、東京都、埼玉県、神奈川県で、「自由に生きるお手伝い」をモットーに法律相談を承っております。慰謝料請求や財産分与、住宅ローン、親権、面会交流など、離婚に関わる問題でお悩みのときには、お気軽にご相談ください。

稲坂将成法律事務所が提供する基礎知識

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    ■離婚裁判とは 離婚調停が不成立に終わった場合、それでも離婚するには、離婚裁判の訴訟を起こすという方法...

  • 特別縁故者の財産分与請求等

    特別縁故者の財産分与請求等

    特別縁故者とは、被相続人に法定相続人となる者がいない場合に、特別に相続を受ける権利が発生した人のことを...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、交通事故の当事者がケガをしたり、後遺障害を負ってしまう事故のことをいいます。人身事故では...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は絶対に相続を承認して故人の権利義務を承継しなければいけないわけではなく、相続を放棄することもで...

  • 債務整理

    債務整理

    債務整理には主に「任意整理」・「特定調停」・「個人再生」・「自己破産」の4つの方法があります。これらは...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    共有財産には、プラスの財産だけでなく、住宅ローンや借金などのマイナス財産も含まれ、離婚時にはこうしたマ...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    ■養育費とは 離婚によって非親権者となった親でも、子に対する扶養義務を果たさなければなりません。 ...

  • 任意整理

    任意整理

    任意整理とは、弁護士や司法書士といった法律の専門家が銀行や消費者金融業者などの債権者と交渉を行うことで...

  • ヤミ金対応(違法高利金融業者対応)

    ヤミ金対応(違法高利金...

    ヤミ金とは、出資法に定める上限利率である年20%を超える高利率で貸付けを行う違法業者のことです。 ヤ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ