042-565-9325 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~18:00

裁判離婚

  1. 稲坂将成法律事務所 >
  2. 裁判離婚

裁判離婚

■離婚裁判とは
離婚調停が不成立に終わった場合、それでも離婚するには、離婚裁判の訴訟を起こすという方法があります。離婚裁判では、訴えた側を原告、訴えられた側を被告と呼んで法廷で争います。

離婚判決をとるには、民法上の離婚事由に該当することを裁判所に認めさせる必要があります。離婚事由とは、民法770条の第1号から第5号の事由のことをいいます。

第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

■裁判の費用
裁判離婚には、訴状の印紙代1,3000円のほか、書類郵便代や証人費用などが掛かります。

また、離婚裁判では自分の主張を立証していくことが重要になります。そこで、弁護士に依頼することが多いです。弁護士に依頼する場合には、その費用も負担することになります。

■離婚裁判の終結
口頭弁論を数回経るうちに、争点が整理されていきます。裁判官の判断によっては、和解を提案してくることがあります。双方が歩み寄るケースの多くは、こうした和解を受け入れるという形です。和解が成立すると、改めて夫婦間の離婚協議へと続く場合もあります。

和解や取り下げもなく、結審の形で審理が終了すると、1か月ほどで判決が出されます。判決言い渡しの日に出頭しなくても、内容を記載した判決書が送付されます。これに対して不服申し立てがなければ、判決が確定します。

裁判離婚が成立したら、必要書類を添えて10日以内に離婚届を提出しましょう。

稲坂将成法律事務所では、多摩地域を中心に、東京都、埼玉県、神奈川県で、「自由に生きるお手伝い」をモットーに法律相談を承っております。慰謝料請求や財産分与、住宅ローン、親権、面会交流など、離婚に関わる問題でお悩みのときには、お気軽にご相談ください。

稲坂将成法律事務所が提供する基礎知識

  • 債務整理

    債務整理

    債務整理には主に「任意整理」・「特定調停」・「個人再生」・「自己破産」の4つの方法があります。これらは...

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求

    遺留分とは法律の定めによって相続人が相続できる最低限の割合のことです。遺言書を作成すれば法定相続人以外...

  • 個人再生

    個人再生

    個人再生とは、裁判所を通じえ行う手続きのことで、支払いきれない借金を一定の基準に基づいて減額し、原則と...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    ■離婚裁判とは 離婚調停が不成立に終わった場合、それでも離婚するには、離婚裁判の訴訟を起こすという方法...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    ■離婚の効果 ■苗字の変更 離婚によって姻族関係が終了します。(民法728条1項)原則として婚姻前...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    ■離婚の種類 離婚には、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚の4種類があります。離婚をするにあたって...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配するこ...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故を解決するにあたって、当事者同士で争いになりやすいのが「過失割合」の算定です。被害者に過失がま...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、結婚生活を維持するために必要な生活費のこと、つまり、家族全員の日常生活を支える衣食住の費...

よく検索されるキーワード

ページトップへ