稲 坂 将 成 法 律 事 務 所      



 ■トップページ
 ■事務所挨拶
 ■弁護士紹介
 ■料金
 ■アクセス
 ■リンク

平日9:00〜18:00まで
営業しております。
事前にご予約いただければ、
早朝、夜間、休日相談承ります。



【TEL】042-565-9325

料金

消費税別途】

本料金ページは、お客様に予めおおよその費用のイメージをお知らせするため作成いたしました。、弁護士費用は個々の事案や弁護士の関わり方等によって大きく変わりますので、一般化に適さない面があることを御承知下さい。
当事務所では、下記見積り(無料)などによって、お客様と相談をしながら、弁護士が事案やお客様の希望を踏まえて、弁護士費用を提示いたします。その上で、お客様自身で、弁護士への依頼をするかどうか、弁護士にどのような内容の依頼をするか、などを遠慮なく選択していただければと考えております。



 
 「着手金って何?」「実費って何?」、料金(費用)項目についてのご説明はこちら
 
 
 見積り 
        
       
無  料


 お客様に事案をお聞かせいただいた後(1時間程度)、弁護士が見積書等により弁護士費用の見積りをお出しします。 

      

 相 談

 
 1件    7300円

  相談料の詳しいご説明は
こちら 


  

 内容証明郵便の作成
 
    1万5000円〜5万円 
 
          ※原則として依頼者名義となります

 顧問料


 3万円〜10万円(応相談)

 個人の方の場合などは、より低廉な費用で対応可能な場合もございます。また、ご希望がありましたら、お試し期間を設けることも検討いたします。 

   
 
 
民事事件(民事訴訟、調停、示談交渉、契約締結交渉など)
 請求・経済的利益額 着手金   報酬
 〜300万円  請求金額×6%+5万円 経済的利益×15%
 300万円〜3000万円  請求金額×5%+8万円 経済的利益×10%+15万円
 3000万円〜  請求金額×3%+68万円 経済的利益×6%+135万円
 
原則として、裁判所の手続を利用する場合(訴訟等)の最低着手金は15万円、裁判所を利用しない場合(交渉等)の最低着手金は20万円になります。事案簡易の場合等、事案によってこれを下回る着手金となる場合がございます。
 経済的利益とは、原則として、現実に回収した財産の額となります。
 権利の実現の見込みの程度に応じて、着手金を低くするなど、着手金・報酬のバランスを変更することは可能です。
 交渉から調停になった場合や調停から訴訟になった場合などは、先行する依頼に要した時間等を考慮して、減額いたします。
 
 平日9:00〜18:00まで営業しております。事前にご予約いただければ、早朝、夜間、休日相談承ります。